リングのおしゃれな重ね付け–4つのコツをご紹介

おしゃれな人が取り入れている、リングの重ね付け。やってみたいけど、間違った素材やデザインの重ね付けをしてしまいそうで不安、なんて思っていませんか?そんな方に朗報!初心者さんも簡単に重ね付けが楽しめる4つのコツをご紹介します。どれもとても簡単なので、是非実践してみてください。

1. KEEP IT SIMPLE

華奢でシンプルなデザインのリングは、太めでボリュームのあるリングよりも簡単に重ね付けができます。バランスが取りやすいので、変な見た目になることもありません。アルバリング星座リングエラリングなんかがおすすめです。そこにアルバオープンリングトリロジーリングコスミックリングリンクリングといったアクセントになるリングをワンポイントとして加えると、グッとまとまり感のあるおしゃれな手元に仕上げることができます。全てのリングを1つの指につけるのではなく、何本かの指に分けてつけるとバランスが良くなります。

シンプルが重要なコツです!



2. 様々なデザインを取り入れる

シンプルながらワンポイントを加えるには、ストーンとモチーフとの重ね付けがおすすめです。例えばリンクリングオーロラリングアルバオープンリングは相性抜群。さらにおしゃれをランクアップしたい方は、ミディリング(指の第一関節と第二関節の間に着ける新しいスタイルのリング)との組み合わせにチャレンジしてみましょう。普段つけるサイズのリングにミディリングを加えると、手元がより華やかになります。コスミックリングトリロジースターリングアルバリングがぴったりです。コツとしては、それぞれ違うサイズのリングを用意し、何本かの指に分けてつけること。周囲の注目の的になること間違いなしです。リングサイズがわからない場合は、リングサイズガイドをご参照ください。

覚えておきたい点として、太めのリングと華奢なリングを重ね付けする際は、太めのリングをベースと考えその上に華奢なリングをつける事が大切です。逆にしてしまうと、バランスが取りにくくなってしまいますのでご注意ください。

リング重ね付けのコツ


3. あえてMIXしてみる、ゴールド×シルバー

ゴールドとシルバーは一緒につけない方が良いの?というご質問をよく頂きます。実は2色の組み合わせはとてもおすすめです!

異なる色のリングをつける際にも大事なのが、バランスです。バランスが取れていれば、ゴールドとシルバー両方の輝きが手元を美しく見せてくれます。おすすめなのがアルバリングのゴールドとトリロジースターリングのシルバーの組み合わせや、コスミックリングのシルバーとリンクリングのゴールド。ここにアクセントとしてソフィアホワイトリングを加えると一層華やかになります。



4. 両手につけてバランスをとる

片手にリングの重ね付けをして満足してませんか?何度も言っている通り、きれいに見せるコツはバランスです。バランスを取るためには、両手につけるのがおすすめ。必ずしも同じ数をつける必要はありません。ワンポイントでも良いんです。バランスが取れて、手元が引き締まりますよ。重ね付け初心者さんにも使いやすいのは、ソフィアホワイトリング星座リングエラリングです。

リング重ね付けのコツ


ご自身のスタイル写真を、是非タグ付けしてください!#DETAILSBYMM

あなたのリング重ね付けスタイルをぜひ紹介してください!ぜひ写真を撮ってSNSにアップしましょう。#DetailsByMMのタグを忘れずに。

PS ジュエリーをコーディネートに取り入れる時に忘れてはいけない事があります。大胆なスタイルのコーディネートの場合、リングやアクセサリーはつけすぎ厳禁です。服は大胆に、ジュエリーはちょっとしたアクセントに。これがバランスをとるコツです。


Loader